FCRセッティングとロングPS 2013年2月3日

FCRのパイロットスクリューは1回戻しとしたまま、調整をした事がありません。
やろうとしたものの、キャブ本体をその都度脱着しないと調整できません。

工具屋さんでいろんな工具を試させてもらいましたが、専用工具すら入るスペースがありません。
そこで、SUZUKI DRZ400純正FCRのパイロットスクリューを取り付けました。
部品番号は13279-29F00です。

  下がノーマルで、上がDRの純正部品です。すごく長いです。
c0004078_21402483.jpg

  取り替えるとこんなに近くなります。
c0004078_21403991.jpg


でもだめでした。工具を入れてもいまいち正確な回転数がわからず、いい加減になりがちです。
せっかく購入したロングPSですが、長さがあだになって振り子状に揺れるのか、
脱落する事例もあるらしく、元に戻しました。

横着せずに、毎回キャブ本体を脱着して調整することとします。
その代わりに、Oリングを新調しました。

以下、油温80~90度での調整です。

①今回はSJの番手を上げて、ストレート径で薄くしました。
  SJ:55
  AS:2+1/4戻し
  JN:OCFMQ

②PS:1+1/2戻し迄試しましたが、1+1/4回転戻しで落ち着きました。

③次は段数とMJです。
  今日の日中は比較的暖かく、1/2付近でガバッと開けても、ついてきたのですが、
  夕方、寒くなってくると、1/2少し手前辺りからズイッと開けた辺りの不調が気になります。
  現在は、
  段数:UP7(一番下)
  MJ:132
  ここを公道で煮詰めると免許も命も擦り切れますので、
  自分の信じる所までやったら、シャーシーダイナモで確認したい。
by n-wasabi | 2013-02-03 21:42 | ゼファ-750 | Comments(0)